小陰唇は縮小で解決できることもあり|女性特有悩みSOS

悩み

原因と改善

女性

おりものの臭いなどだけでなく、膣のゆるみで悩まされている女性も大勢います。膣のゆるみには原因と改善方法がありますので、これらをしっかり把握することでゆるみに悩まされることがありません。

詳しく読む

大きさとグッズ

大きさだけじゃない

女性

女性の身体には男性の身体には付いていないものが多くあり、それぞれ悩みがあります。下半身の場合だと膣内環境とおりものの臭いだけでなく、小陰唇の肥大や左右バランスが合わないということがあります。しかし小陰唇の場合、サイズだけでなく色素沈着も悩みの種です。小陰唇の色素沈着は下着やナプキンなどでの摩擦やムレが原因になっています。小陰唇は自身で確認しづらい箇所で、パートナーと性行為をする際に見られてしまうことがあります。小陰唇の状態で性行為をやらなくなってしまったというカップルは多いです。自身がそうなってしまわないようにする必要があります。小陰唇の左右対称で大きくなってしまったという場合、縮小手術が勧められています。縮小手術を行なうことによって、下着に擦れる事もありませんし、色素沈着が酷くなってしまうようなことはありません。実際縮小手術を行なったことで擦れや色素沈着の問題を解決できたという女性は多いです。縮小手術は色素沈着改善と同じように、婦人科や専門のクリニックで行なう事ができます。

サニタリーグッズを選ぶ

小陰唇のトラブルの原因には、月経の際に使用するナプキンも関係しています。ナプキンは擦れて群れるだけでなく、経穴によって痒みが発生してしまいます。そのため、ナプキンもトラブルの原因になっているのです。しかし、今流行の布ナプキンを使用することで解決できることもあります。布ナプキンにはオーガニックなものがあり、蒸れやかゆみなどのトラブルを防いでくれます。

気になってしまう

先生

女性特有の悩みは数多くあり、その中にはおりものの臭いで悩まされることもあります。おりものは膣内の環境を守るために出されるものですが、臭いがひどい場合には注意が必要になります。

詳しく読む

布を使う

女性

サニタリーグッズであるナプキンですが、最近では布ナプキンが注目されています。布ナプキンと言ってもオーガニックなものもあり、多くの人が月経中の肌のかぶれに悩まされることなく過ごせるようになっています。

詳しく読む